• Eri Kawasaki

UPCYLEDBAG ALISSON を立ち上げました


バックブランド

UPCYLEDBAG ALISSON を立ち上げました♪


<コンセプト>

エルサルバトルに住む10歳のアリソンへ

恐れや不安を手放して 夢に向かって

あるがまま愛を感じて 自由に生きてほしい

みんなの愛がたくさん詰まった

​バックブランドでありたい


実は、個人的に、エルサルバトルのアリソンちゃんに寄付をしていたんです。

なんで寄付始めたかというと、POPUPSHOPをしているときに、隣にいた出店者さんが、これだけ売れたら娘にね~あれ買ってあげたいな~って言っていらっしゃるのを聞いて、素直にその感情が羨ましく、私もそんな気持ちになりたい…その無償の愛を感じたいな~とおもったのがきっかけだったんです。


バッグのブランドを立ち上げようと思ったときに、バッグは、サステナブルなものづくりでありたいと思っていたんです。

私が普段から感じているみんなが平等で楽しく豊かにくらすことができたら…と。その気持ちが、サステナブルなものづくりをしていくことで、それを手に取った方が、少しでもそこからの何か気づきがあったら、いいかなと思っているんです。


またそれを購入して頂いた方が、周りの方に伝えることによって、さらに広がっていく。

1人の力は小さくて、何でもはできないけど、何かができるし、それが集まった時、もっと無限の可能性ともに、大きな力になる。と信じています。


アクサリーの材料になっているアコヤ真珠もバロックといわれる真珠も、規格外とされ、商品とならないとさせてきた真珠も私は使わせて頂いておりました。その真珠の個性が可愛いのと、根底にあった本来の豊かなくらしに世界がなったらいいなという想いと、それをたくさんの人に感じて欲しいと思っていたから。

e-acce.のお客様はご存知の通り、POPUPSHOPの際には、環境に配慮して、新聞バッグと言われる古新聞を使った紙バッグをショッパーとしてお渡しさせて頂いています。ありがたいことに、ご購入して頂いた方は、逆に喜んで頂く方がおおくて、私も嬉しく思っています。


私の小さな小さな思いかもしれないものが、いつか大きなものとなって世界を変えていけると思っています。え、できないよ、って言われることもあるんですけど…できるかもしれません…笑 そう思うと色んな企業さんとかとも、コラボしたり、協力し合って、この活動を続けていけることこそ、サステナブルだなと思っています。


熱い思いもあるのですが、そんなバッグブランドもどうぞこれからも宜しくお願いします。

https://www.e-acce.net/upcycledbag-alisson








22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示